保険適用外となるタダラフィル

タダラフィルとは、イーライリリー社が製造・販売するED(勃起不全)および、前立腺肥大の治療薬のことです。
日本では2007年7月31日に、5mg・10mg・20mgの3種類の規格で、製造販売承認を得ています。
また、タダラフィルは、薬価のない薬価基準未収載の薬に分類されるため、どこの医療機関で受診したとしても、診察料から処方料まで保険適用外となります。
ゆえに、処方を受けるには、保険証の提示は必要ありません。

 タダラフィルは、ED治療薬シアリスの有効成分であり、白色の粉末で、水に溶けない性質を持っています。
服用後の最高血中濃度到達時間は、30分から4時間と、人によっても大きな差が出てくるため、服用のタイミングは、性行為の3時間くらい前となります。
陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめ、血流を良くすることで、十分な勃起へと導く薬です。

 タダラフィル(シアリス)は、国内3番目のED治療薬であり、シルデナフィル(バイアグラ)と同系統となります。
バイアグラやレビトラと比べると、半減期が長く、服用後36時間まで勃起機能改善効果が認められています。
また、服用に際して、食事の影響を受けにくいという特徴があるために、飲むタイミングをそれほど気にすることなく、長時間にわたり安定した効果が期待できるED治療薬となります。

 通常、成人であれば1日1回タダラフィル10mgを経口服用するのですが、10mgの服用で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性、または混合性勃起不全患者に対しては、20mgに増量することができます。
なお、1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上とるようになっています。
用法・用量は、症状により異なります。
医師の指示を必ず守るようにしましょう。