高血圧治療でのタダラフィルとED治療薬の粉砕使用方法

タダラフィルは、ED(勃起障害)治療以外には「肺動脈性肺高血圧症」の治療薬として使われています。タダラフィルには血管拡張を助けて血流を改善させる作用があるので、高血圧の症状にも効果があるからです。
そのため、薬の飲み合わせによっては、血圧を下げすぎてしまう危険性があります。
タダラフィルが血流を良くする仕組みは、PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)酵素を阻害することで起こります。PDE5には血管拡張を抑える作用があります。血管が拡張されるのはcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という物質の働きで起こりますが、PDE5酵素はこれを壊してしまう働きがあります。すると血管が収縮してしまうのです。
タダラフィルはこのPDE5の働きを邪魔して、血管拡張物質の働きを続けさせる作用があります。なので、ED治療薬はPDE5阻害薬と呼ばれることもあります。
血管拡張を助けるので、ペニスへの血流を増加させることができます。また、血管が広がることで血圧を下げる働きがあります。
ED治療薬は、粉砕して飲んでも良いことになっています。分割して飲む方法が一般的ですが、効果が強すぎるというときには粉砕して飲んでも良いです。粉砕すると飲みにくいので、オブラートで包むなど工夫すると良いかもしれません。粉砕して使えば、本来よりも薬の費用を抑えて使うことが出来ます。
タダラフィルは食事の影響を受けにくいED改善薬として人気があります。効果持続時間が約36時間と1日半もちます。タダラフィルには血管拡張を助ける働きはありますが、性欲を増幅させるような効果はありません。なので、作用を発揮させるためには、性的な刺激を脳に与える必要があります。