ごきげんよう。

VICI様のマガジンは、とある技術者による実験のサイトなので記事内容が雑で適当なのは許せ。

今日はこのサイトを公開した理由が、とある実験を兼ねているためというのと、適当とはいえある程度実践を考えた模擬運用をする必要があったからだ。

そんなわけで、このサイトはWordPressを使っていながら、超爆速表示を実現しているわけだが(今のところ異常なしで)、何もサーバーのスペックが神なわけでもなければ、特に技術力がなければできないようなトリックじみたことをやっているわけではない。

今回は、テストも兼ねどういう仕組みになっているかを説明する。

Simply Static & AMP

使ったのは2つのプラグインだ。

1つは「Simply Static」というWordPressのページを静的HTMLに置換してアウトプットするというプラグイン。

2つ目は「AMP」。こちらはスマートフォン向けにAMP対応したページを生成するというプラグインだ。

静的HTMLにすることによるメリット

静的HTMLにするということは、いちいちWordPressの膨大なPHPプログラムを実行する必要がない。昨今はレンタルサーバーにも速いものがあるが、それでも静的HTMLの表示速度には絶対に敵わないのは自明である。

この表示速度が爆速になることが最大のメリットである。そしてもう1つあるのがセキュリティ対策だ。

WordPressは常に外部からの攻撃者に狙われる格好の的である。その理由はいろいろあるが、とにかくこじ開けようと思えば開くドアがたくさんあるので、本域のプログラマーからは懸念の声が常に上がっていた。

解決方法も実にいっぱいあるが、もっとも根本的な解決策は、静的HTMLにしてしまうということだろう。プログラムが走っていないのではハッキングはできない。

通常のブログであれば、いちいちプログラムが走るデメリットより、サクっと静的HTMLを出力するメリットの方が多いと私は判断できた。

静的HTMLにすることによるデメリット

あえてサイドバーに検索窓を残しておいたのだが、使えば分かる通り、検索機能は動かない。というより、動的ページは生成できないのは欠点である。

大規模な情報データベースを作るのには適さない。また、コメント欄も使うことができない。こちらは、別の機能で補完できなくはないが、純正のコメント欄は動かないのだ。

最後に1つ。静的HTMLを出力する際、書き出しにはやはり若干時間がかかる。また、スラッグに日本語URLが含まれると不具合を起こしてしまうが、これはプロなら問題ないだろう。

とにかく、最もシンプルなブログ形態から進歩した形を実現する場合は障壁になりうるのである。つまり、最もシンプルなブログとして運営する場合のみ、これは推奨できる。

AMP対応について

私は前述した内容に概ねメリットが多いと判断し、またそういった限定的な機能でもって運用するサイトを今後構築するケースは多くあるだろうと考えた。

そのため、最もシンプルなブログを再軽量および爆速表示で安全に作成するWordPressの設定を考えているわけだ。そこで、爆速表示といえば「AMP」になる。

「AMP」とは何か?それはぐぐってくれ。

ここでの問題は「AMP」に「Simply Static」が対応できるか?という1点だけだ。結論からいうと、問題なくできた。

総括

このやり方がアリかどうかは、このサイトを今後フォローすることでより明白になるだろう。

少なくとも、現状の数ページの状態では、全く問題なく快適な運用が実現できていると思う。

興味のある方もいるだろうから、近々にでも導入方法を具体的に記事にしたいと思うところだ。