排尿障害治療薬としてのタダラフィルと保険

2014年1月にタダラフィル錠ザルティアが排尿障害治療薬として厚生労働省より認可され、同年4月から国内で販売されるようになりました。
このニュースは報道で大きく扱われていましたが、実はその理由はED治療薬シリアスと関連があるからなのです。
シリアスは医師の処方によるED治療薬ですが、保険適用外となっています。
しかし、それでも効果が高いため大変人気のある薬ですが、今回排尿障害治療薬として認可されたタダラフィル錠ザルティアは、実はこのシリアスと中身は全く同じものなのです。
では、なぜ名称が違っているのかというと、ED治療薬としては保険適用外ですが、排尿障害治療薬としては認可されているため保険が適用されることになり、中身は同じ薬であってもシリアスと表示することはできないのです。
さて、こうしたことが報道で広まり、排尿障害治療薬タダラフィル錠ザルティアがEDの治療にも保険適用で処方されるのではないかといった期待を持つ方が増えているようです。
しかし、厚生労働省がこうした使用は認められないと発言し、それを受けた医療関係者も慎重になっていることから、現在ではその期待は不可能なようです。
ただし、今後タダラフィル錠ザルティアの効能や効果に新発見や変化があった場合には、新たな展開となる可能性はあるでしょう。

ED治療効果はタダラフィルの副作用

現在、人々が想像するより多くの男性がEDに悩んでいます。
このEDとは、日本では「勃起障害」と言われていますが、全く勃起しない症状だけを指しているわけではないです。
性行為をしようとしても勃起するのに時間がかかったり、性行為中に萎えてしまったりする事もEDに含まれます。
男性はEDになると性行為が満足に行えなくなりますし、相手の女性との関係に亀裂が入る事もあり得ます。
また、このような症状を訴える男性は、年齢が高くなるほど増えていきます。

ではどうすればよいかと言いますと、タダラフィルという成分を含む薬を医師に処方してもらう事です。
これは近年承認された薬で、ED治療効果があるとされています。
タダラフィルは、日本で発売される前から世界で広く使用されていました。
それだけED治療効果が大きいと認められているのです。

タダラフィルの特徴の一つに、効果が持続する時間が長い事があげられます。
昔から有る薬は有効性が6時間くらいまででしたが、タダラフィルの場合は36時間とされています。
ですから、効き目が無くなるのを心配する必要があまりないと言えます。

また副作用については、頭痛がしたり顔がほてったりする事があります。
これは重い症状ではなく、あまり気にする必要のない程度とされています。